人工中絶手術

予定外の妊娠でお悩みの方へ

人工妊娠中絶手術とは、様々な理由によって今回の妊娠を中断しなければならないときに行う高度な医療処置です。中絶手術は、母体保護法で定められた母体保護法指定医のみが執刀できる手術で、ゆうARTクリニックでは、院長の大渓医師(女医)が手術を担当します。

初期中絶手術の流れ

当院では日帰りで初期中絶手術を承っております。初診時に週数の診断をして、術前検査と手術日を決定します。

費用

中絶手術の費用は15万円(診察、検査代込み)です。手術日にご用意ください。

手術法

中絶手術にはいくつの方法がありますが、当院では衛生面にすぐれ身体への負担が少ない手動吸引法(MVA)を主に行っています。また将来的に妊娠を考えた場合に悪影響がないよう配慮して処置を行います。また当院では痛みをできるだけ少なくするために、鎮痛薬や静脈麻酔を使用して処置をします。

手術前の注意点

手術の6時間前から絶食、3時間前から飲水禁止となります。静脈麻酔中に嘔吐して気管が詰まるリスクを減らすためです。安全な手術のためにご協力よろしくお願いいたします。

手術後の注意点

  • 手術当日は静脈麻酔を使用するため、お車の運転はご遠慮ください。
  • 手術当日は感染予防のため湯船での入力は控えていただき、シャワーにしてください。
  • 仕事はデスクワークなどの軽いものであれば翌日から可能です。
  • 手術後に出血がありますが、通常は1−2週間で落ち着きます。術後に下腹部痛が生じることがありますが、通常は徐々に落ち着いてきます。

同意書について

中絶同意書とは、人工妊娠中絶手術を希望する患者様が医療機関に対して提出する書類です。本人と配偶者(パートナー)の同意と自筆での署名が必要です。しかし相手の方が死亡している場合や性被害(強姦等)による妊娠、パートナーが誰かわからない場合などは患者様ご本人だけの同意で手術が可能な場合があります。未成年の場合は保護者の同意と署名をお願いしています。

中絶に関する同意書

中絶を繰り返さないために

当院ではピルやミレーナなど避妊方法についてのご相談も承っております。正しい知識で再度の手術が必要とならないよう、また将来の妊娠に悪影響がないようにサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。